福山市ひとみ助産院の岩原ひとみです♪

ここ最近、なかなか症状の軽快しない患者様がいらっしゃいました。

詰まりの元を流しても流してもすっきりしない。

助産師として、ここで見極めることが必要です。

医師の診察を受けていただき、炎症ならば投薬をしていただきます。

「私が絶対治したい!」この気合は大切です。でも、長引いては患者様の苦痛が増すばかり。

連続でケアしても変化がない、痛みや熱が上がる、などの場合は信頼できる乳腺外科を紹介しています。

患者様について行って、一緒に診察を拝見したことがあります。

「助産師さん、一緒に画像みていいよ。」それは丁寧に私にも状態を説明して下さり、処置にも立ち会わせていただきました。

なので、絶大の安心感をもって患者様に紹介させていただきます。

この1週間の間に1度診察を受けていただき、内服処方していただき、連日のケアを行いました。

「先生、随分楽になりました!」朝一番で患者さまの嬉しい声を聴きました。

乳腺外科の内服もきれるし、念のためもう一度診察を受けていただくことにしました。

「もう炎症が進んでる様子はない、と、言われました!ありがとうございました

電話で知らせて下さいました。

乳腺炎、と、聞くとサイトを検索し、「切開!」などの文字を見て恐怖感をつのらせていらっしゃいます

「おかしいな?」と、思ったら赤ちゃんにしっかり吸ってもらいながら、早めにご相談ください

20150902